施設向け 避難所用キット

東日本大震災による避難所では、高齢者・聴覚障がい者を孤立させました。

  • 文字
  • 光

避難所内での各種連絡徹底、高齢者・聴覚障がい者への
確実な情報伝達

避難所用キットには、受信器、送信器、操作ボックスなど耳の不自由な方々への情報伝達に必要なものが入っています。これにより、避難所内の情報が光、振動、文字表示で簡単にお知らせすることができますので災害時の避難所や宿泊施設などでお役に立てることができます。

欲しいと思ったら…まずは購入方法をご覧ください

避難所用キット

  • お問い合わせ
  • 見積依頼

カタログPDFダウンロード

ご利用例

避難所において、聴覚障がい者は周囲の情報を把握しにくく、健常者以上に心身ともに大きな負担が生じていたとの声を聞きました。 下記は、実際の聴覚障がい者の方たちの経験です。

  • 食事配給の放送が聞こえず、気付いた時にはお弁当がすべてなくなっていた。
  • 仮設トイレが設置されたのを知らず、水を飲むのを我慢し具合が悪くなった。
  • 仮設住宅申込みの締め切り日がいつか分からず、ずっと避難所生活をさせられた。
シルウォッチ避難所用キットがあれば・・・

大勢の人が集まる場所でも、耳の不自由な方への呼び出しや連絡を円滑に行うことができます。

診察受付の連絡|食事の連絡|トイレ使用可能の連絡

情報障害の方々の二次被害を減らすためにも、 「避難所用シルウォッチ」の設置をご検討くださいますようお願いいたします。 現在、多くの自治体様でご購入を前向きにご検討していただいております。 新宿区、札幌市のほか、御殿場市の福祉避難所へ導入しました。

ページ上部へ

特徴

1.停電時でも安心

停電時でも安心

・停電時も安心
電池で使用でき、3か月以上持ちます。

2.簡単操作

簡単操作

・簡単操作
必要最低限のボタンだけあり、ワンタッチ操作なので、操作に迷うことがなく安心です。また、受信器は通常時計としても使用でき、アラームセットも可能です。

3.文字の登録が可能

文字の登録が可能

・文字の登録が可能
受信器には5文字ずつカタカナで表示されます。文字はパソコンで自在に登録できます。災害時ですと、「トイレ」「フロ」「ショクジ」などに関連する文字を登録しておくことで避難所での情報提供に役立てます。

4.直前情報呼出機能

直前情報呼出機能

・直前情報呼び出し機能
発信された情報を見逃してしまっても、後でもう一度確認できます。

ページ上部へ

よくある質問

・どこまでの範囲まで通信することができますか?
通信距離は150mから200m以上。中継器を追加することで、400m程度の送信もできます。

価格

キットの内容

  • シルウォッチ受信器 5個(腕時計型または携帯型光受信器)
  • 送信器 1個
  • 中継器 1個
  • 操作ボックス 1個
  • ネットストラップ 5個
  • ポスター(受信器貸し出し告知用)
  • ハードケース
  • 電池(予備電池3か月分)、コード
キット価格 372,000円(税抜)

ハードケース

欲しいと思ったら…まずは購入方法をご覧ください

お電話・FAXでも購入のご相談を受け付けています 株式会社東京信友 TEL:03-3558-8000 FAX:03-3358-6330

ページ上部へ